悪質な業者を見極めよう!その方法教えます

高い換金率でクレジットカード現金化ができた、と思い何度もその業者を利用する人もいるでしょう。
しかし、その業者が悪質だった場合取り返しのつかない事態になってしまいます。
では、どうすれば悪質な業者を避けられるのでしょうか。
以下で詳しく見ていきます。

会社概要を確認する

皆さんはクレジットカード現金化をする際に、何を基準に業者を選んでいますか。
換金率や振り込みスピードが一般的ではないでしょうか。
それでも問題ないのですができるだけ安心安全に現金化をしたいのであれば、会社概要を重点的に確認しておく必要があるのです。
会社概要は公式ホームページにそこまで大きく記載されていないかもしれませんが、優良な業者ほどほぼ確実にホームページ内に存在しています。
まず、会社概要を見つけたらクリックして内容も見なければなりません。
そこで何を見つけなければならないのかというと、代表者名や運営会社の住所、電話番号やメールアドレスなどです。
実はこういった情報がある業者は優良だと言われており、反対に見つからなければ信頼度は低くなります。
さらに、古物商番号も同時に確認できれば安全性はより一層高まるのです。
そもそも古物商番号は簡単には取得できないものなのでこれを取得しているということは厳しい審査を通過していることになります。
公的機関から安全だと認められた業者だと言えるため、悪質性を避けることができるのです。

スタッフの対応を確認する

上記のように会社概要を確認できても、やはり信用できるか不安だという人もいるかもしれません。
そのような際には、運営会社に連絡をしてスタッフの対応を調べることをおすすめします。
悪質な業者のスタッフは、すべてがそうだとは言えませんが高圧的に接してくることがあります。
甘い言葉で利用者を引き寄せて利用させ、個人情報を抜き出そうとするのです。
逆にスタッフが利用者の不明な点を分かりやすく丁寧に解説してくれるようであれば、信頼度は上がります。
利用者に満足してもらうことが目的なので、高圧的な態度で接することはほとんどありません。

もう一つ確認すべきこと

上述したように2つの方法で悪質な業者を避けることができますが、最後にもう一つ見ておくべきポイントがあります。
それは、公式ホームページ内に弁護士監修とあるかどうかです。
弁護士が監修していれば安全性は抜群に高いと言え、仮にトラブルが起きてもスムーズな解決へと導いてくれます。